脱臭には掃除が肝心|ハウスクリーニングで汚れを落とす

男性

必要な作業

掃除機

特殊清掃が遺品整理に必要となるケース

遺品整理と言うのは故人が残した遺品を片付けていくことであり、一人暮らしをしている人などが亡くなった時など、遺族からの依頼を受けてアパートなどの一室の中にある遺品を一つずつ丁寧に扱い、トラックに積み込み会社にそれを運んだ後に、供養を行って処分、もしくは遺族に返却と言った流れで行う業務であり、昔は遺品整理と言うのは家族が行っていたのですが、核家族化などに伴って故人は必ずしも家族と同居しているものではなく、遠方の地で一人暮らしをしているケースが多くあることからも、家族が遺品整理を行うことが出来ないため、専門業者としての業務が多くなっているのです。特殊清掃は一人暮らしをしていた人が部屋で亡くなった場合に行われるものであり、特殊清掃を行うことで二次感染などを事前に防止することが出来ると言うメリットがあります。

特別な清掃技術と遺族への配慮

特殊清掃は部屋で故人が無くなった場合に行われるもので、部屋の中には遺体の跡となるシミが出来ていたり、部屋の中は異臭が立ち込めているなど、過酷な現場と言われています。しかし、特殊清掃を行わなければ遺族などが部屋の中に入るのは危険だと言われています。これは死体から放出される体液や血液、そして腐敗した時に生じる害虫などが大量に発生しているからで、何もせずに遺族が部屋の中に入ることで二次感染を引き越してしまうなどのデメリットが生じてしまいます。そこで、特殊清掃を施して部屋の中に入っても安全な状態にしてくれるのです。また、特殊清掃を行う人々は特殊清掃員と言った資格を持つ人々でもあり、遺族に対する配慮を行い、個人を偲ぶなど丁寧な仕事をしてくれるのです。